ビブラビ記事一覧

【社員育成に影響のある時代の特徴(7)】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日のブログで、
社員として育成する上で、
関係が深いものを
いくつか列挙しました。
その中で、今回は、
「あらゆるものにマニュアルがある」
について考えていきます。


マニュアルは、
便利なものです。
ノウハウにも
近い利点がありますが、
過去の成功者の経験による
「知恵」を「明文化」したもので、
とても価値のあるものです。
マニュアルがなければ、
人からアドバイスをもらったり、
人のやり方を参考にするくらいしか
情報はなく、
基本的には、
自分で試行錯誤し、
自分なりのやり方を
編み出すしかありませんでした。
最近は、
何でもかんでも
マニュアルがあります。
勉強法
面接
対人関係
果ては、恋愛まで・・・。
そして、
マニュアルは、
自分で一から試行錯誤するよりも、
「効率良く」成果を出す確率が
高くなります。
そして、
あらゆるテーマに
マニュアルがあり、
マニュアルを活用して
それなりに成果を出してきた
人の中には、
マニュアルは、
あって当たり前
マニュアル通りにすれば
成果が出る
と考えている人が
出てきます。
そして、
マニュアル通りにして、
成果が出ないと、
マニュアルが悪い
ということになるのです。
現実には、
マニュアルには限界があります。
効率にしても、
「自分で一から試行錯誤するより」
という比較の問題です。
そして、
効果や成果については、
マニュアルは「型」であり、
経験を積むことで、
「肉付け」をしたり、
深い部分から理解することで
「魂を入れる」
必要があります。
ただし、
マニュアル信奉者が
増えていることは現実です。
マニュアルを要求し、
マニュアル通りにして
成果が不十分だと
マニュアルが悪いと言う
そんな人が増えています。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP