ビブラビ記事一覧

【社員育成に影響のある時代の特徴(1)】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日のブログで、
社員の育成にあたって、
相手を知ることが
大切だと書きました。
個々の社員を知ることも
大切ですが、
今の時代の共通した特徴を
最初に考えてみます。


時代と共に、
多くの変化があります。
その中で特に、
社員として育成する上で、
関係が深いものをあげてみます。
褒めて育てる方法が主流
個性を尊重する
困らない程度に生きていける
法律などで守られている
情報が豊富
あらゆるものにマニュアルがある
交遊関係が限定的
などです。
育った時代や環境が違えば、
その人にとっての
「当たり前」が違います。
「思考パターン」が違います。
「行動パターン」が違います。
その「違い」をふまえて、
育成することが必要です。
育成する人が受けた指導には、
「実績」があります。
その「効果」が
「実証」されています。
しかし、
「当たり前」が違えば、
説明が必要なことが
多くなります。
「思考パターン」が違えば、
伝えたことの受け取り方が
違います。
「行動パターン」が違えば、
行動の意味が違います。
これらを踏まえることが
必要になります。
必ずしも、
相手に合わせる必要は
ありません。
「目的」は、
社員を育成することです。
その育成にとって、
役に立つのか、
機能する方法なのか、
の視点で考える必要があるのです。
これから何回かに分けて、
上に列挙した特徴について、
書いていきます。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP