ビブラビ記事一覧

【「ユニット」ごとの基本プロセス】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日のブログで、
「ワーク・ブレイクダウン」の
全体像についてお話ししました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「プロセス」で、
いくつかのフェーズに分かれます。
そのフェーズも、
さらに「ユニット」に
分かれることがあります。
この「ユニット」の中で
実行することには
「基本パターン」があります。
それは、
「拡散」し、「収束」する
です。


「拡散」は、
「書き出す」ことです。
内容は、その「ユニット」の
「テーマ」によって違います。
アイデア
必要な作業
良い所・悪い所
起こっていること
などです。
その「書き出した」ものを、
「ワーク・ブレイクダウン」では
「ピース」と呼びます。
「ピース」は、
ただ出しただけでは
何の意味もありません。
この「ピース」を
並べたり
「グループ」にまとめたり
します。
そして、
「グループ」単位で、
要約したり、
並べたり、
まとめたり
を繰り返しながら、
何かを生み出したり
問題を発見したり
原因を突き止めたり
していきます。
この
「発散」から「収束」へ
のプロセスを
全体のプロセスに従って、
テーマを変えながら
繰り返していくのです。
面倒くさいと思われましたか?
確かに手間と時間がかかります。
その代わり、
このプロセスを繰り返すことで、
情報や意思が「共有」出来、
自分達で考える「力」が
身につくのです。
長い目で見ると、
その効果、差は歴然です。
本当の「地力」をつけたいなら、
地味だけれど
大切な基本を
「愚直に」やり続けることです。
これも、
先の面倒を避けるために、
今、面倒なことをする
です。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP