ビブラビ記事一覧

【「デキル」に学歴は関係ない】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
私が大学を卒業し、
大手旅行会社に入社して、
初めて配属になった所は、
関西の海外旅行の本部でした。
大企業の海外旅行の中枢部門です。
当然、エリート集団という
イメージを持っていました。
しかし実際は、かなりイメージと
違っていました。


私が想像していた
エリート会社員は、
知識が豊富で、
頭の回転の早い、
「優秀」な人でした。
ところが、先輩、上司は、
ほとんどが「高卒」で、
イメージしていた「優秀」とは
違いましたが、
仕事が「デキル」人でした。
業務知識はよくご存知でしたが、
一般的な経済知識も理論も
あまりよく知りませんし、
話も論理的ではありません。
入社して半年もすると、
知識面では、
ある程度追いついてきました。
それでも、
先輩や上司に比べると
「デキル」人にはほど遠い状態でした。
一般的な尺度でいえば、
私は「優秀」な部類に
入ると思います。
でも、それは、
仕事が「デキル」とは
必ずしもイコールではない
のです。
一般的に、
中小企業の社員には、
一流大学卒の人も少ないです。
高卒や中卒の方もいます。
一般的に「優秀」と言われる人は、
少ないのが現実です。
それでも、
「有能」な社員
「デキル」社員
にはなれます。
「環境が人を育てる」
と言います。
「育つ環境」を整えれば、
必ず「デキル」社員に育ちます。
今いる社員を育てることに、
取り組んでみたら
いかがでしょうか?
「デキル」社員になれるかどうかには、
一般的な「優秀」である尺度も、
学歴が高いことも
関係ないのですから。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP