ビブラビ記事一覧

【意思決定に影響を与える要素】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
ビジネスでの意思決定には多くの要素が関わります。
何を重視すると良いのでしょうか?


ビジネス活動は判断と決断、それに伴う行動の連続です。
どのように判断し、決断するかには多くの要素が関係します。
そして関係する要素は3つのグループに分類出来ます。
1つ目は、求められている内容です。
要求してくる相手は、社内、取引先、マーケット、お客様、国などさまざまです。
意思決定をしなくてはならない場面には、必ず誰かからの何らかの要望があります。
そもそも誰からも何の要求もなければ、新しいことをする必要も、今していることを変える必要もありません。
誰からの、どんな背景や理由があるかも含めた、求められている内容が1つ目の要素のグループです。
2つ目は、環境や現状です。
求められていることに応えなくてはならないのか?
実際に応えられるのか?
これらの判断に関係する要素のグループです。
3つ目は、価値観や考え方です。
求められていること、または応じることで得られることは、望ましいことか?
それとも、どうでも良いことか?
などです。
これらの3つのグループに分けられる要素を総合的に判断して意思決定は行われます。
少なくとも、きちんと説明のつく要素は、ここまでに挙げた要素です。
しかし実際には、価値観の一部として分類されるものが、意思決定に影響を与えます。
求めてきている相手は、求めがあれば応じたい相手なのか?
意思決定とセットになっている実行しなくてはならことが、したいことなのか?
それとも、したくないことなのか?
などの好みに近い要素です。
現実には、これらの好みに近い要素の影響で、決定内容が決まるケースが多いようです。
そして結論ありきで、もっともらしく、上に挙げた好み以外の要素から決定理由を組み立てるのです。
一見論理的な帰結として導き出された結論であっても、好みが大きく影響します。
これが悪いこととは考えていません。
しかし、そのことを自覚していることは重要です。
好みが意思決定内容に大きく影響することを理解し、内容のよっては、好みに合わなくても、すべきこと、出来ることを行う意思決定を行うのも現場力の強いビジネスパーソンの現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP