ビブラビ記事一覧

【仕事の見た目と中身】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
見た目と中身とのどちらが大切かは、さまざまな分野で話題になります。
仕事では、どうでしょうか?


多くの分野で言われている通り、仕事でも見た目は重要です。
見た目の良さは、人の目を引きます。
人の注目を集めることは、多くの人から知ってもらうことにつながります。
まず知ってもらうことは仕事でも重要です。
知ってもらい、興味を持ってもらわなければ、中身を知ってもらうことも出来ません。
つまり、見た目の良さはチャンスを増やすために有効なのです。
では、見た目だけ良ければ良いのかと言えば、そうではありません。
仕事は相手の利害と関係しています。
中身が伴わなければ、結果として仕事にはつながりません。
私は中身が重要だと考えています。
例えば何かの提案を受けたケースを例にしてみます。
見栄えの良い企画書であれば目が行き、読んでみる気になります。
見栄えのしない企画書は後回しにしがちになります。
見栄えが良くて、中身も良ければ問題ありません。
そのまま見栄えのしない企画書を見ることなく、見栄えの良い提案に決めるかもしれません。
ところが見栄えは良くても中身が悪ければ、印象は悪いです。
目を通す時間が無駄だったと感じます。
厳しい言い方をすると、騙された気持ちになります。
そして、一度悪い印象を与えると、次の提案の機会はありません。
しかし、中身が良ければ、見栄えは関係ないかと言えば、そうではありません。
見栄えが悪ければ、後回しにされる可能性が高くなります。
場合によっては、目を通されないまま却下されることもあります。
一定のレベル以上の見た目は必要です。
見栄えが良くても中身が伴わなければ駄目です。
ましてや良く見せ過ぎてはいけません。
とは言え、中身さえ良ければ、見た目はどうでも良い訳ではありません。
企画書で言えば、見やすさ、分かりやすさには配慮しなくてはなりません。
人で言えば、言葉遣い、姿勢、振る舞いなど、一定レベルのマナーや気遣いも必要です。
中身を最も重視し、見た目は最低限のレベルを維持し、その上で可能であれば見栄えにも気を配っているのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP