ビブラビ記事一覧

【社員は会社に協力的ですか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
会社が事業を行うには社員の協力が不可欠です。
ところで社員は協力的ですか?


社員は会社の事業に対して貢献することが求められます。
必要な結果や成果を出すのも貢献です。
そして他の社員への協力も、組織の一員として必要な貢献です。
ところが残念ですが、どこの会社にも協力的でない社員がいます。
なぜ協力的でないのでしょうか?
個人に与えられた貢献を果たすので精一杯の社員もいます。
その中には、個人に求められている結果を出すことを優先して、協力しない社員もいます。
このタイプの社員には、そもそも協力する余裕がありません。
ですので、協力的でないとは言えません。
逆に、協力することを優先して、個人に求められていることを後回しにする人もいます。
この社員の方が問題です。
また、個人に課された成果も出さず、協力的でもない社員もいます。
このタイプの社員が多くの会社で一番問題とされます。
会社全体の視点でも、所属している部署やグループの視点でも、他の社員の貢献に依存している存在です。
厳しい言い方をすると、寄生しているだけです。
しかし同じくらい問題なタイプの社員がいます。
それは、個人に与えられた貢献を果たしていて協力的でない社員です。
このタイプの社員は、求められている結果を出しています。
十分な貢献をしている上に、わざわざ協力する必要がないと思っているのかもしれません。
しかし、この考え方と姿勢は組織の一員として好ましくありません。
では、どうすれば良いのでしょうか?
評価方法を見直すことが、1つの解決策となります。
多くの会社では、個人の成果を中心に評価しています。
一部の会社では、部署などチーム全体の成果を評価に加えています。
この2つに、所属しているチームへの協力を加えるのです。
例えば、
・個人での成果が不十分な場合は、協力は評価しない
・個人での成果が十分な場合、協力の評価の重みを上げ、不十分な場合マイナス評価とする
などです。
会社が社員に対して求める貢献は、ただ伝えるだけでなく、評価と連動させることが大切です。
これが制度として整備され、きちんと運用されているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP