ビブラビ記事一覧

【スキルの効果は期待外れ?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
スキルアップに頑張っている人は多くいます。
ところで、身に付けたスキルは期待通りでしたか?


仕事は結果を求められるものです。
そこでより高い成果を出すためにさまざまな努力をします。
努力の中には、スキルを身に付けることも含まれます。
スキルを身に付けると、どんな変化が起こるのでしょうか?
同じことを、より楽に。
同じものを、より早く。
同じ結果を、高確率で。
同じ時間をかければ、より質を高く。
などが、スキルを身に付け、上達することの結果として期待していることの主なものです。
また、忙しい中なので、身に付けるスキルも選びますし、学ぶ方法、メソッドも選びます。
当然、早く、簡単に身に付けられるのが理想です。
ところが残念なことに、期待していたほど効果がないと不満を感じている人が少なくありません。
その不満の対象は、
このスキルを身に付けると成果が上がると考えていたスキル自体
スキル習得の方法論、教えてくれた人の教え方などのメソッド
の両方です。
しかし多くの場合、ここで問題なのは、スキル自体でも習得メソッドでもありません。
スキルの習得と、レベルを自転車に乗ることに例えてみます。
どんなに教え方が上手な人から教えてもらっても、その日から乗れることはありません。
段階を追って基本的なことを練習し、何度も転び、何度も挑戦して乗れるようになります。
そして、乗れるようになったからと言って、どんな条件でも乗れるわけではありません。
曲がりくねった道、でこぼこの道は慣れないと転んだり、転ばなくてもバランスを崩してしまうでしょう。
さらにスピードが上がると、もっと難易度が上がります。
スキルも似ています。
どんなに素早くメソッドを使い、どんなに素晴らしい先生から教わっても、基本的なことが出来るまでには一定の時間がかかります。
そして、実際の現場で応用して使えるようになるには、さらに練習と経験を積まなくてはなりません。
忙しい日々の中で、時間や労力、そしてお金をかけてスキルの習得に取り組むのです。
すぐに成果が出ることを望む気持ちは分かります。
しかし、必要な時間より短い時間で成果が出ることを望んでも、それは現実的ではありません。
スキルアップに取り組んだ結果に不満を持っている人の多くは、実際に必要な時間よりも、短い時間で成果が得られると期待しています。
スキルや習得メソッド、あるいは両方への不満の原因は、どの程度簡単か、どのくらいの時間をかければ成果が出るのか、について抱いている期待値が現実よりも高過ぎることなのです。
自分の希望だけでなく、現実的な期待値を設定した上でスキルアップに取り組んでいるのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP