ビブラビ記事一覧

【上から目線と感じたら?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
誰でも人から教えてもらったり、注意や指導されることがあります。
その時、上から目線と感じたことはありませんか?


上から目線でモノを言われるのは、気分の良くないものです。
無性に腹が立つこともあるでしょう。
バカにされた感じがして、プライドに傷が付くからです。
ところで、不愉快に感じるのは、相手が上から目線だからでしょうか?
上から目線で腹が立ったという話を聞いたり、記事などで読んでいると、気付くことがあります。
それは、上から目線で言われて腹を立てている相手は、実際に上の人が多いことです。
身近な所では、上司や年上の先輩です。
客観的に見て、相手の方が立場が上です。
上から目線なのは、ある意味当然です。
実際に上から目線で不愉快だったという人から詳しく話を聞いていくと、不愉快に感じた他の理由があることが多いようです。
実際には、相手の目線でも、言い方でもなく、聞きたくない、受け入れたくないことを言われたことが、本当の理由なのです。
理由には、大きく分けて、2つあります。
1つ目は、痛いことを突かれたからです。
指摘された内容は、
ミスをした
しなくてはならないことをしていなかった
目標が未達だった
仕事ぶりや態度などに問題がある
などで、自分に思い当たる原因があるけれど、触れられたくないことを指摘されたからです。
もう1つは、したくない、あるいは負担の大きいことをするように要求されたからです。
大きな目標を課される
スキルや知識を身に付けるように求められる
負担の大きい業務を担当するように言われる
などです。
聞きたくないことを面と向かって言われるのは、誰でも嫌なものです。
ところが、その内容の中には、自らの成長のためには聞く価値のあるものが多くあります。
言われた瞬間、上から目線だと腹を立ててしまうのは仕方がないかもしれません。
しかし、感情に支配され続けてはいけないのです。
上から目線で言われ、腹が立っても、感情的に反応することは避けましょう。
そして、後で、言われた内容について冷静に考えてみましょう。
その上で、受け入れるべきことは、きちんと受け入れましょう。
これが出来、人からの指摘や要求を自らの成長に活かしているのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP