ビブラビ記事一覧

【効果のある承認とは?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
人材活用や育成に関連して、関心が高まっていることがあります。
それは承認です。


人材の育成や活用には、相手の承認欲求を満たすことが必要だと言われています。
しかし承認という言葉は、分かっているようで、よく分からない言葉です。
具体的に何をしたら良いのか分からないでいる人も多いようです。
しかし部下を承認しなくてはならないと言われます。
そこでまず、何をしたら良いか迷います。
承認とは、言葉通り認めることです。
では、相手の何を認めたら良いのでしょうか?
まず、認めたら喜びそうなことを考えます。
良い結果を出したり、目に見える成果をあげていれば、褒めることが出来そうです。
しかし、これはすごいと思うことは、めったに起こりません。
かと言って、当たり前のことを認めるのも、違う気がするものです。
つまり、認める対象が見つからないのです。
それでも、何か認めなくてはならないとしたら、当たり前のことしかありません。
そこで、当たり前のことを認めると、どうなるでしょうか?
例えば、無遅刻無欠勤を認めたとします。
本人も当たり前だと思っていることを認められても嬉しいと思わないでしょう。
それどころか、バカにされていると感じるかもしれません。
ところが、元々時間にルーズな人が、本人としては頑張って出来ているとしたらどうでしょう?
努力を認められていると感じるでしょう。
つまり認めることで効果があることには2つの条件があります。
1.本人が意識して行っているか努力している
2.本人が決めている基準に達しているか、近づいている
承認の効果のある対象は、会社が与えた課題でも目標でもありません。
本人が自分で課している課題や目標です。
そのためには、本人が意識して行っていることが、努力していることが何かを知らなくてはなりません。
行動を観察しなくてはなりません。
そして、行動によって起こっている良い変化や影響を見つけなくてはなりません。
承認欲求を満たすのは簡単ではありません。
しかし、これが出来ているのも、部下の育成と活用する現場力の強い管理職の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP