ビブラビ記事一覧

ビジネスの戦略の良し悪しを決めるもの

 戦略の良し悪しは、、

顧客にとって魅力のある価値を提供すること
社員が納得して実行出来ること
この二つによって決まります。
 
そしてそのポイントは、
「一貫性」と「納得性」
です。
 
ビジネスの戦略は、
「戦略ピラミッド」
で考えてみると良いです。


 戦略の良し悪しは、、

顧客にとって魅力のある価値を提供すること
社員が納得して実行出来ること
この二つによって決まります。
 
そしてそのポイントは、
「一貫性」と「納得性」
です。
 
ビジネスの戦略は、
「戦略ピラミッド」
で考えてみると良いです。
 
<続き>
戦略のピラミッドは、
上から
ミッション
ビジョン
戦略
戦術
計画
の5層構造になっています。
 
細かい定義は、
それぞれの専門家が
いろいろな意見を言いますが、
単純に言うと、
 
ミッションは、ビジネスの存在意義
ビジョンは、将来の理想の具体的な姿
戦略は、ビジョン実現のための方向性
戦術は、戦略を実行するための方策
計画は、戦術を実行する手順
です。
 
このピラミッドを完成させる上で、
ポイントは2つです。
一つ目は、一貫性です。
戦略ピラミッドの5層は、
全てつながっています。
矛盾していると、
社員も
顧客も
関係者も
混乱します。
 
混乱は、不信を生みます。
 
一貫性だけが、
安心感を与えます。
 
二つ目のポイントは
納得性です。
これをすれば、
将来ビジョンに近づくし
ミッションを果たせるし
自分たちで実現できる
と納得することで、
現場の実行する当事者である社員は、
戦略の実行に協力してくれます。
 
ミッションに価値があり、
商品やサービスも、
それを具体化したもので、
魅力や価値があるもの
と納得したら、、
安心して顧客も
買ってくれます。、
 
一貫性が維持できるように、
考え抜くことは、
経営者の大切な役割の一つです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP