ビブラビ記事一覧

【避けたい部下との話題の扱い方】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
管理職が部下とする話には、避けたい話題もあるものです。
そんな時、どうしていますか?


管理職と部下とのコミュニケーションは大切です。
ホウレンソウと言われるような、仕事上必要なコミュニケーションもあります。
また、指示や命令を伝えることもあります。
もちろん時には、注意する必要もあります。
注意することが楽しい人は少ないです。
避けたい話題だと考えている管理職も多いようです。
注意をする場合、管理職自身が直接見聞きしたことばかりではありません。
と言うよりも、その経緯や背景を全て直接知っていることはありません。
そこで、本人から話を聞く必要があります。
注意される可能性があると本人が認識したら、どのような反応をするでしょうか?
自分の責任ではないと主張するかもしれません。
開き直るかもしれません。
他の社員の批判を始めるかもしれません。
もちろん、管理職に矛先が向くかもしれません。
いずれにしても、指導したり注意するために話を聞くのは、部下の反応を考えると、気が進まないものです。
かと言って、注意すべきことがあればしなくてはなりません。
それは管理職の役割だからです。
言い出しにくい話題の場合、多くの人はタイミングを計ろうとします。
機嫌が悪そうだったり、忙しくしていると、今はそのタイミングではないと先送りにします。
しかし、タイミングを計っていたら、いつまで経っても出来ません。
注意すべきことがあることを知ったら、対応は早ければ早い方が良いです。
分かっていても、避けたい話題なので、つい先送りしてしまいたくなるのが普通です。
しかし、このような避けたい話題であっても、すぐに話を聞き、伝える機会を持つことが重要です。
これが出来るのも、現場力の強い管理職の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP