ビブラビ記事一覧

【事業計画の課題設定は適切ですか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
事業計画には、取り組む課題も書かれているものです。
その内容は適切でしょうか?


事業計画には、数値的な目標の他に、その期間に取り組む課題も書かれています。
その内容で多く見られるのは、
・今の事業での売上増対策
・経営の効率化対策
・ビジネス拡大対策
などです。
今の事業の売上増や、経営の効率化は、常に意識し、取り組まなくてはならない課題です。
この2つについては、本当に取り組んでいるのかが問題です。
実行し、検証し、修正する、いわゆるPDCAのサイクルを回すことが重要です。
そして問題は、ビジネスの拡大です。
ビジネスの拡大には様々な種類があります。
・マーケットを広げる
・新たな商品やサービスを開発する
・新規事業を立ち上げる
などです。
ところがビジネスの拡大は課題として掲げていながら、具体的に進んでいない会社が多くあります。
もちろん簡単ではない課題です。
そして短期で達成出来るものでもありません。
そこで、実行するのが後回しにされやすい課題です。
ビジネスは、下りのエスカレーターに乗っているようなものだと言われています。
立ち止まると、いつの間にか下がってしまいます。
今の事業の売上増や経営の効率化は、最低限実行しなければならない課題です。
そして、今の事業が将来も成り立つかどうかは分かりません。
時代の変化の中で、もし今の事業のニーズが縮小すればどうなるでしょうか?
会社を存続させることが出来ますか?
会社の存続を考えるならば、常に新たに収益を生む事業を探し、創造することが必要なのです。
そう考えると、ビジネスの拡大は、最も重要な課題です。
事業計画は、作ることが大切なのではありません。
何に取り組むかを明確にし、取り組むと決めたことを実行すること、そして成果を出すことが重要なのです。
少なくともしっかりと考え、実行するのが経営者に必要で重要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP