ビブラビ記事一覧

【日々起こる小さな出来事の扱い方】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
平穏な日々が続くのは良いことです。
そんな中にも、小さな出来事は起こっています。


小さな出来事は毎日のように起こっています。
大きな問題にならなければ、見過ごしがちです。
しかし本当に見過ごして良いのでしょうか?
紙は細部に宿る、という言葉があります。
一見些細なことの中に、大切なものが隠れていることがあります。
もちろん、見過ごして構わないものの方が多いです。
しかし、小さな出来事の中には、見過ごしてはいけないものもあります。
大きな問題の予兆
大きな変化の兆候
影響が広範囲に及ぶもの
などです。
日々起こる些細なこと全てに神経を尖らせるわけにはいきません。
そんなことをすると疲れてしまいますし、周囲の人も息が詰まります。
大切なことは、小さな出来事を判断する目を養うことです。
そのために必要なのは、経験を積むことです。
些細なことの中でいくつかについては、見逃して良いものかどうかを検討します。
そして、しばらく様子を見守ります。
この経験を積むことで、一種の勘が働くようになります。
この勘が働くようになれば、日々起こる小さな出来事の中で、注視すべきものが目に付くようになります。
もちろん経験を積めば積むほど精度は上がっていきますが、完璧ではありません。
何か大きなことが起こった場合、それを予測出来る材料となる出来事がなかったかを考えることも必要です。
こうして、経験を積みながら判断力を磨いていくことが重要なのです。
小さな出来事に注意を向けるのは、楽ではありません。
神経質になり過ぎることはありませんが、気付いた小さな出来事を、大したことではないと、安易に判断してもいけません。
日々起こる小さな出来事が、大きなことに発展するかどうかを見極めるのも、重要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP