ビブラビ記事一覧

【社内に争いがないことは良いこと?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社内に争いがないと、雰囲気も良く、和やかです。
それは、会社にとって望ましいことでしょうか?


先日あるレポートを見ていて感じたことがあります。
そのレポートによると、最近の若い世代はケンカをした経験がほどんどないようです。
そしてその原因は、他人に対して本音をぶつけないからだそうです。
意見が違っていても、反論しなければ、争いになることはありません。
何か間違ったことをしていると思っても、指摘しなければ、相手の機嫌を損ねることはありません。
そうしていれば、平穏さは保たれます。
表面的には平穏ですが、本当はどうなのでしょうか?
意見を言わなければ、お互いに分かり合うことも出来ません。
意見の違いを放置しておけば、合意することはありません。
違う意見を聞くことで、自分の意見を検証することが可能となりますが、その機会もありません。
他人の間違いを指摘しなければ、相手は間違った考えを持ったままです。
間違った行動が改まることもありません。
他人の意見に反論しないことや、間違いを指摘しないのは寛容なのでしょうか?
確かに、反論せず、間違いを指摘しなければ、争いは起こらないでしょう。
人間関係も良好かもしれません。
しかし、本音を隠したまま築いた人間関係は、薄っぺらいものです。
本当に良い人間関係を築くには、本音をぶつけ合うことが大切です。
職場が和気あいあいとしているとします。
しかし誰かが最初に意見を言えば反論は出ない。
誰かが間違った行動をしていても誰も指摘しない。
そんな職場は、良い職場でしょうか?
本音をぶつけるのは、経験がなければ怖いことです。
特に、最近の若い人には苦手な人が多いようです。
それでも、本音をぶつけ合うことは、現場力を高めるために必要です。
多少感情的になる場面があっても良いと思います。
そのような場面を何度も経験することで、うまく意見を戦わせることが出来るようになります。
適度に社内に争いがあるのも、強い現場力を持つ会社の特長の1つなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP