ビブラビ記事一覧

【実は多い社内の人間関係の課題】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社内の人間関係に課題がある会社は少なくありません。
そして人間関係を修復するのは簡単ではありません。


一見うまくいっているように見える職場でも、人間関係に課題を抱えている現場は少なくありません。
人間関係の課題が問題に発展することが多いのは、仕事上のトラブルや問題が発生した時です。
仕事上トラブルや問題が発生すると、職場には普段以上の緊張感に包まれます。
そして、緊張感は社員に精神的なストレスを与えます。
仕事上のトラブルや問題に対処する場面で、責任のなすり合いが始まったり、意見が一致しなかったり、十分に協力し合えないなどのことが起こることがあります。
これらは、隠れていた人間関係の課題が原因です。
実は、トラブルや問題が起きなくても、さまざまな場面で注意深く観察していると、人間関係に課題があるかどうかは分かります。
課題があれば、解決すれば良いのですが、簡単ではありません。
その理由の1つは、当事者である社員が、課題があることを認めることが少ないことです。
多くの社員は、それなりに職場の仲間とはうまく付き合っていきたいと思っていますし、実際にうまく付き合っていると思っています。
課題があると認めなければ、取り組むことも出来ません。
2つ目の理由は、そもそも人間関係の修復が難しいことです。
職場の人間関係は、必ずしも仲良しである必要はありませんが、信頼し合っていることが大切です。
信頼は、日々の小さな接点の中で育まれていくものです。
そして、何かちょっとした出来事で、一気に失われるものです。
そして、ただ失われるだけでなく、不信というマイナスの状態になります。
つまり、一度失われた信頼を取り戻すには、それまでに育んできた以上の時間と労力が必要なのです。
そして、何度も信頼を失う事態が起こると、信用できない相手としてレッテルを貼られます。
そうなると、本人が信頼を回復したいと伝えても、努力しても、修復出来なくなります。
仕事における人間関係を支えているのは信頼関係です。
そのことを理解し、信頼関係を育む日々の小さな行動を積み重ねているのが、現場力の強い現場の特長の1つなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP