ビブラビ記事一覧

【雨降って地固まるは本当?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
人間関係を築くことは、ビジネスに限らず大切なことです。
ところで、雨降って地固まる、は本当でしょうか?


先日、ある経営者と話していて、妙に腑に落ちることがありました。
若手を中心に、最近の社員は、気概が感じられないというお話しでした。
具体的に聞いていくと、経営者や上司だけでなく、同僚なども含めて他人の意見に反論が聞かれないそうです。
職場は何となく和気あいあいとした雰囲気で、仲が良さそうなのは良いけれど、何か物足りないと感じているようでした。
では、以前はどうだったのかと尋ねてみました。
納得出来ない意見や決定には、反論してくる、私の時代の言い方では、噛みついてくる社員がいたそうです。
そして、けんけんがくがく、ああでもない、こうでもないと意見を戦わせている場面がしばしばあったようです。
喧嘩腰で議論しているから仲が悪いかと言うと、そうでもなかったようです。
逆に、自分なりの考えを持っている人として、お互いに尊重していたように感じられたそうです。
雨降って地固まる
という諺があります。
トラブルが起こっても、それが解決すると、トラブルの前よりも良い状態になる、という意味です。
人間関係も、多少のいざこざを乗り越えることで、良い関係が築けるものです。
いざこざを避けていると、本当に分かり合い、尊重し合う関係になるのは難しいものです。
違う意見を持っていても言わないのは遠慮でしかありません。
その場は丸く収まり、相手の機嫌を損ねることもないでしょう。
しかし、それで出来上がった人間関係は薄っぺらいものです。
蛇足ですが、その経営者との間で、最近の若い人に恋愛が苦手だと言う人が多いのも、同じ理由かもしれないという見解で一致しました。
本当にお互いに尊重し合う、良い人間関係を築くには、本音をぶつけ合う機会が重要です。
そんな人間関係が築けているのも、強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP