ビブラビ記事一覧

【効果的な承認とは?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社員や部下の育成と活用に関して、承認の大切さが注目されています。
効果的な承認とは、どんなものなのでしょうか?
ボード_育成指導.jpg


承認とは、見ている、注目していることを伝えることです。
承認されることによって、安心出来たり、期待されていることを実感することが出来ます。
最近の若い人たちは承認欲求が強いと言われています。
もちろん若い人だけでなく誰でも承認されることはうれしいことです。
そこで、社員や部下に対し、承認するように心がけている経営者や管理職も多くいます。
ところが、承認しても、効果が出ていないと感じている人が多いようです。
なぜ効果が出ていないのかを観察していると、承認している対象に問題があることが多いです。
例えば、頑張っているね、のような承認は誰にでも通用しそうです。
ところが、何に頑張っているのかも伝えなければ、ただ機嫌を取っているとしか受け取らない人も多くいます。
もっと具体的に承認することが必要です。
そこで、真面目に取り組んでいることを承認するとします。
それを喜ぶ人もいますし、喜ばない人もいます。
喜ばない人にとっては、真面目に取り組むのは当たり前のことなのです。
当たり前のことをしていて褒められたり承認されても、特にうれしくありません。
迅速に対応する、質の高い仕事をする、成果を出すなど、本人がこだわっていることに対して承認しなくては効果がないのです。
人はそれぞれ頑張っているポイントが違います。
人は自分が頑張っているポイントを見て欲しいのです。
そして、そこを承認して欲しいのです。
もちろん、会社が評価している点、関係者から評価されている点を伝えることも、多くの人には効果があります。
しかし最も効果的なのは、その人が何を頑張っているのか、何にこだわって仕事をしているのかについて承認することです。
承認欲求が高いタイプの社員は、いろんなポイントについて数多く承認することが有効です。
しかし、承認欲求の低いタイプの社員には、数多く承認すると逆効果です。
本人がこだわっているポイントだけを、きちんと見て承認しなくては効果がありません。
効果的な承認をするには、タイプを見極め、頑張っているところ、こだわっているところを知り、相手に合わせて承認することが重要なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP