ビブラビ記事一覧

【正反対のアドバイスや意見のどちらが正解?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
経営に限らず、何かについて調べると多くの情報が得られます。
そのアドバイスや意見には正反対のものも多いです。
何が正しいのでしょうか?


私も仕事柄、経営者や現場の社員から、どれが正しいのか尋ねられることがあります。
その答えは、
全て正しい
です。
戦略やマネジメント手法などに唯一の正解はありません。
目標、目的、環境、条件などによって答えが変わるからです。
抱えている問題が同じでも、他社で解決に役立った方法で、解決出来るとは限りません。
目指すものが同じでも、成功している他社と同じ戦略を採れば、うまくいくとは限りません。
問題のある部下に指導する場合も、ある部下に対してうまくいった方法が、他の部下にもうまくいくとは限りません。
実際、私がするアドバイスも、同じ問題や課題に対して、いつも同じではありません。
会社によって、状況が違うからです。
同じ会社で起こった同じ問題に対しても、違うアドバイスをすることがあります。
それは時期が違えば、環境や条件が変わっているからです。
入手できる情報は、大きく分けて2種類です。
特定の会社で成果が出たものと、複数の会社で成果が出たものを汎用化したものです。
この2つに共通しているのは、成果が出る前提として、何らかの環境や条件があるということです。
何を採用するかを考える時に重要なのは、成功例の前提と、自社の状況とを整理し、比較することです。
しかし、いくら論理的に考えても、満点の答えは見つからないものです。
PDCAのサイクルを回しながら、自社に合うように調整していくことも必要です。
そして、自社で実行出来、望む成果が得られるものに仕上がったら、それが自社にとっての正解なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP