ビブラビ記事一覧

【若手社員育成がうまくいかない2つの問題点】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社員の育成を課題だと考えている会社が多いです。
若手社員にも問題はありますが、教える側の管理職や先輩社員にも問題があります。
どこに問題があるのでしょうか?
ボード_育成指導.jpg


育成する必要がないと思っている管理職はいません。
上司としては、育てているつもりです。
それでも育っていないならば、今までの方法を続けていても効果は見込めません。
私が直接見聞きした若手社員の育成の実態から考えると、2つの問題点があります。
1つ目は、しっかりと育成に時間をかけていないことです。
バブル崩壊以降、最小限の人数で仕事を回すことが求められ、社員に余裕がありません。
上司も直接担当する業務を多く持つようになり、育成にかけられる時間が取れなくなっています。
その上、時間外労働は制限されています。
育成には若手社員、上司共に時間が必要ですが、その時間が確保出来ないことが1つ目の問題点です。
2つ目は、上司に育成に必要なことが身に付いていないことです。
以前は、基本を教えたら無茶振りするかわりに、業務面と精神面両面で上司と先輩がフォローする方法でした。
若手社員にとっては試練と言えるもので苦労しました。
その代わり、上司や先輩が常に見てくれていて、時には助言し、時には手伝い、アフターファイブでは励ますなどの精神的ケアをしていました。
この育成方法は、習うよりも慣れろです。
この方法で育った場合、仕事や業務を体系的に説明されたこともありません。
当然、説明する術が分かっていません。
しかも、時間が厳しいので、じっくり見守ることも、タイミング良くフォローすることも出来ません。
現状では以前の育成方法では、若手社員は育ちません。
現状に合った、上司が身に付ける必要のあることが身に付いていないことが2つ目の問題点です。
教え方も分からず、フォローの仕組みもなければ、若手社員が育たなくても当然だと言えます。
時間が厳しい現実に合わせて教え方を改善することが重要なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP