ビブラビ記事一覧

【必要な情報を効率的に集める方法】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
何か新しい事態に対応したり、新しいことに取り組む場合、まず情報を集めることになります。
同じようなことに取り組んだ経験がある会社は必ずあります。
自社で一から考えるのは無駄です。
他社の経験や専門家の知見を生かすことが効率的です。
ところで、どのように情報を集めると良いのでしょうか?


今はネットなどで情報を集めやすくなっています。
そこで、すぐに適当なキーワードで検索し、情報を集めることも可能です。
そして現実には集めた情報が膨大過ぎて、処理しきれなくなるケースを多く見かけます。
では、どうすれば良いのでしょうか?
まず、関係のある範囲やテーマを知るために、情報を集めます。
この段階で、全ての情報の中身まで精査する必要はありません。
そして、集めた情報から、必要と思われるサブテーマを選び出します。
この段階では、まだサブテーマも仮説ですので、多少多めでも、もれていても構いません。
次に、サブテーマごとに情報を集め、要点を整理します。
ここで、必要な情報を整理します。
具体的には、必要なサブテーマを絞り込み、絞り込んだサブテーマを目的に合わせて体系的に整理します。
次に、不足している情報は追加で集め、特に重要なサブテーマについては、情報の精査を行います。
ネットの情報は玉石混合です。
情報の確からしさを、複数のサイトを比較したり、その分野の専門家に相談して確認します。
情報は闇雲に集めても、量が膨大になるだけで使い物になりません。
必要と思われる情報を想定してから情報を集め、情報を精査し、整理し、不足があれば集める情報を増やすなどの段取りを踏むことが効率的です。
情報は集めることが目的ではなく、そもそもの目的のために必要な情報集めることが目的です。
集めた情報の量には価値はないのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP