ビブラビ記事一覧

【採用する手法を考える時に浮かぶ3つの疑問】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
多くの経営者の方から聞く本音は、
・会社の現状に満足していない
・会社の将来に不安を感じている
の2つです。
そこで何かしようと情報を集め、専門家からアドバイスを受け、考えます。
そして、決めようとする時に浮かぶ疑問には3つあるようです。


この3つの疑問は、何かに取り組んだ時に効果が出ない理由とも共通しています。
・そこじゃないかも
・それじゃないかも
・そうじゃないかも
「そこ」とは、手を付ける対象です。
「それ」とは、何をするかです。
「そう」とは、やり方です。
この3つの内の、どれか1つでも適切でなければ効果は出ません。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、現実の問題や課題について、現場の社員が対策を考え、実行していきます。
つまり、事前の経営者との要望などから、何に手を付けるかは最初から与えられているのです。
ところが、基本に忠実に対策を検討していると、多くのことが見えてきます。
手を付ける必要のある他のテーマもあぶり出されるのです。
そして時には、他のことに手をつけなくては、いくら何をするか、どう実行するかを考えても望む効果が出ないことが明らかになることもあります。
手を付ける必要のある対象を自社で気付くのは難しいようです。
当たり前過ぎて気付かなかったり、触れてはいけないタブーだったりするからです。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、現場が自ら、何を、どのように実行するかを考えることが出来るようにすることをゴールの1つとしています。
ただし、何に手を付ける必要があるかをあぶり出すには、外部のファシリテーターを活用する方が良いようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP