ビブラビ記事一覧

質問されると不機嫌になる?

現場力強化の画像
2021/05/24 情報を更新いたしました。

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

仕事で人から説明を受けている時、質問すると相手が不機嫌になることがあります。
なぜでしょうか?

人から説明を受けている時、全てが簡単に理解出来るとは限りません。
そこで、分からない所を理解するために、質問するとします。
ところが、質問すると、不機嫌になる人がいます。

こちらとしては、きちんと理解するために質問しているのです。
不機嫌になられるのは、理不尽です。
しかし、実際に不機嫌になる人がいます。
どうしたら良いのでしょうか?

質問は、さまざまな意図を持って行われます。
特に代表的なのは2つです。

まず、純粋に知りたい、理解したい時に質問します。
そして、反論するために質問することがあります。

本人は明確に質問しているつもりなのに質問されると、どんな気持ちになるでしょうか?

説明が下手だと言われている気になるかもしれません。
自分の能力が低いと評価されていると感じるのです。
その場合、防衛本能が働き、攻撃的な反応をしてしまう人がいます。

また、ビジネスで何かを説明する時には、ただ説明しているケースは稀です。
同意して欲しいことがあることがほとんどです。
そこで疑問を投げかけられると、同意出来ないという意図があると受け取ってしまう人がいます。
この場合、同意が得られないことへの不満の表れです。

つまり、理由はさまざまですが、質問は相手を不機嫌にさせる可能性が高いのです。
このことを理解した上で、質問することが大切なのです。

反論のために質問しているのならば、その意図が伝わっているのですから、問題ありません。
ただし、純粋に理解したいという目的で質問しているのならば、工夫する必要があります。

ただ質問しているのに、不機嫌になる相手を批判したくなる気持ちは分かります。
しかし、相手と良い関係でいたいのならば、相手の感情に配慮するのも必要なことです。
質問が相手に与える印象を考慮に入れ、質問の仕方に工夫をしながらも、尋ねるべきことは尋ねることが重要なのです。

これが出来ているのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP