ビブラビ記事一覧

情報感度を高めるために必要なこと

学びの図

2021/05/26 情報を更新いたしました。

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ビジネスパーソンには、情報感度の高さが求められます。
しかし、感度を高めるのは難しいようです。ビジネスにとって、情報は重要です。

以前は情報の入手自体が困難でした。
独自の情報源を持ち、いち早く情報を入手出来ることが力でした。
そして、業務や日常生活の中で得られる情報から、変化や意味を読み取ることが出来るのも力でした。

今は時代が変わりました。
ネットの普及もあり、巷には情報が溢れています。
情報を集めることは簡単になりました。
少し調べれば、世の中で起こっている変化や、その意味を解説しているものも入手出来ます。

一時、キュレーション、言い換えると、検索して必要な情報にたどり着く能力が注目された時期がありました。
検索エンジンの進化もあり、キュレーション能力も、他者と差別化出来る能力とは言えなくなっているようです。

では、今の時代に必要なのは、どんな力でしょうか?

それは、情報の真偽を見抜く力と、情報の価値を判断する力です。

情報の真偽については、フェイク・ニュースが話題になっているので、認識している人が多いと思います。
最近は、巧妙に作られたフェイク・ニュースも多くなっています。
その真偽を見分ける力は重要です。

もう1つの価値を判断するのも、現在では簡単ではありません。
人の興味を引いたり、衝撃を与える手法が一般的になっていることが、その理由です。
心理学や、脳科学などの応用した手法が、いたる所で利用されています。

その上、人には個人個人、興味や関心のあることがあります。
一人ひとり、好みや考え方、価値観などがあります。
関心があるテーマには、自然と注目してしまいます。
自分の考えに合う情報は、重要だと思い込みやすいものです。

手法に操られたり、個人的な指向性に影響されるのは、無意識に行われます。
つまり、自覚しにくいのです。

そこで必要なのが、クリティカルに考えることです。
クリティカルに考え、情報の真偽を見極め、その価値を判断することが、現在の情報感度を高める上で、重要な能力です。
そして本当に重要な情報をビジネスに生かすことが出来るのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP