ビブラビ記事一覧

【具体策を考える時の姿勢を決める「質問」】

現場力強化を支援している
オフィス・ビブラビです。
ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
何か課題が見つかった時、
何か取り組みたいことが
見つかった時、
次に考えるのは、
具体策です。
その時に、
どんな「質問」を
自分に投げかけていますか?
その「質問」によって
考える姿勢が決まり、
具体策が見つかるかどうかに
大きな差が出来ます。


当然、
具体策を考え出すのですから
前向きな「質問」を
投げかけるのが当たり前
のように思えるのですが、
実際には
そうではないようです。
何か障害はないか?
という「質問」の答を
考えている人が多いのです。
実は、
事前に問題点や障害を見つけ、
備えることが賢く、
指摘すると優秀だと思われる
という傾向があります。
そこで、
具体策を考えるのと同時に
その具体策の問題点を考え、
どんどん却下する
ということが起こるのです。
つまり、
問題点を探すことで
アイデアの芽も
摘んでしまっているのです。
よく、
出来ない理由を探す前に
どうしたら出来るか考えろ
というアドバイスがあります。
このアドバイスのポイントは
「前に」という部分です。
まず、
どうしたら出来るか?
を考え、
その後で、
その具体策の問題点を
考えるのです。
そして次に、
見つかった問題点を
どうしたらクリア出来るか
考えるのです。
出来ない理由も
具体策も
どちらも考える必要の
あるものです。
ポイントは順番です。
先に具体策のアイデアを
出すことが大切なのです。
先にどちらを考えるかで
成果が決まります。
先に
具体策を考えるか?
出来ない理由を考えるか?
その姿勢を決めるのが、
自分自身に対して
投げかける「質問」です。
何か具体策を考える時、
自分にどんな「質問」を
投げかけていますか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP