ビブラビ記事一覧

【「優しい」か「甘い」か】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
誰でも
厳しいことを言われるのは
嫌なものです。
褒めて育てるというのも、
育てられている方から見ると
理想的です。
叱られたり
責められたりすることがないので、
気分は良いはずです。
では、
叱らなくても
良いのでしょうか?
厳しいことを言わなくて
良いのでしょうか?
それって「甘く」ないですか?


私は、
きっちりと
叱るべきだと
考えています。
ただし、
叱ってばかりいるのも
厳しいことばかり言うのも
良いとは思いません。
上司には、
足りない所ばかり、
目につくものです。
つい口に出るのは、
注意や指導ばかりに
なってしまいがちです。
良い所は認め、
ダメな所もきっちりと
指導することが大切です。
良い所は
意識しないと見えません。
そして、
褒めることが
苦手な人は多いです。
ですので、
褒めることが
強調されるのです。
実行したことを
言葉に出して
認めましょう。
少しでも出た成果、
少しの成長、
少しの進歩を
見逃さず、
言葉に出して認めるのです。
これを実行しながら、
指導すべきことは
指導するのです。
最近の若者は、
悪い所を正すだけでは
気持ちが折れてしまいます。
すぐに逃げ出します。
ただし
ただ褒めるだけの指導は
「甘い」です。
良い所は褒めて、
悪い所は正す、
それが本当の「優しさ」です。
本当に愛情を持って、
社員や部下、後輩を
育てたいと思うなら、
「甘い」だけでない
「優しさ」を持って
時には厳しく指導することが
大切です。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP