ビブラビ記事一覧

【経営者の声は現場に届いていません(5)最終回】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
前回に続いて、
経営者の声が
経営者が思っているほど、
現場社員には届いていない
についてです。
前回のブログで、
表に見える理由の裏には、
日本語特有の特徴が
あると書きました。
では、
どうしようもないのでしょうか?
現場では、
そうはいきません。
それでは、
どうすれば良いのでしょうか?


することは二つです。
「伝え方を工夫する」
「何を受け取ったかを確認する」
この二つです。
まず、
「伝え方を工夫する」
です。
最初にすることは、
伝える内容を
もれなくリストにすることです。
そして、
出来るだけ具体的な
表現方法を考えます。
早めに
ではなく、
何日の何時までに
などと表現します。
それでも、
あいまいになってしまう部分が
出て来ます。
丁寧に
きれいに
十分に
優しく
などの言葉を使いませんか?
何が丁寧で
何がきれいで
どれくらいが十分で
何が優しい
のかは
個人によって感覚が違います。
具体的な例を示したり、
個別のケースで
評価を伝えたりすることを
繰り返すことで、
だんだんと肉付けされていきます。
このような経験を
積み重ねさせていくことでしか、
伝わらないと思って下さい。
そして、
もう一つの
「何を受け取ったかを確認する」
です。
伝えた後で、
何を受け取ったのか、
相手に復唱させるのも
効果的です。
受け取ったことに
伝えたこととのズレがあれば
そこで修正出来ます。
そのやり取りの中で、
どんなことが正確に伝わらないのか
どんな表現が伝わりやすいのか
を経営者も学ぶことが出来ます。
正確に伝えたい
正確に伝わらないと困る
と思っているのは、
経営者の方です。
伝えるための努力は
十分ですか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP