ビブラビ記事一覧

【「見える化」の威力】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
「ワーク・ブレイクダウン」についての
前回のブログで、
「グルーピング」について書きました。
「グルーピング」すると、
そこに「気づき」が生まれたり、
「整理」することで、
多くのことが「俯瞰」出来ます。
そして、関係者全員が
「同じモノを見る」ことによって、
業務やテーマ全体の
「共有」が可能になります。


仕事では、
「細部」も大切です。
そして、
「俯瞰」も大切です。
ただし普段、
現場の社員にとっては、
自分とその周辺の仕事
という「細部」が
最大の「関心事」です。
印象派の絵画を
ご存知だと思います。
印象派の絵画は、
「点」で描いてあるので、
近づきすぎると
何を描いているのか分かりません。
少し離れて見るから、
何を描いているのか分かるのです。
「細部」が集まって、
「全体」を作っている。
「俯瞰」したり
「細部」を見たり、
行ったり来たりします。
そこで、
「気づき」が生まれます。
そして、
これを関係者全員で行うことで、
「共有」出来ます。
頭で考えていることではなく、
「ワーク・ブレイクダウン」の
プロセスの中で、
「見える化」された
「同じモノ」を見るから、
「共有」が進むのです。
アイデアを生み、
関係者の間で
情報や認識の「共有」を
行うために、
「見える化」を
活用していますか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP