ビブラビ記事一覧

【社員育成に影響のある時代の特徴(6)】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日のブログで、
社員として育成する上で、
関係が深いものを
いくつか列挙しました。
その中で、今回は、
「情報が豊富」
について考えていきます。


インターネットに情報があふれ、、
ソーシャルメディアなどで
多くの人と交流すると、
自分の仕事や会社以外の
情報が簡単に、
しかも大量に入ってきます。
「隣の芝生は青く見える」
という言葉があります。
「青い」のではなく、
青く「見える」のです。
他の会社では、
給料が高い
仕事が楽
やり甲斐がある
などと思えてきます。
もっと楽をして儲けている人が
いるとの情報も入ってきます。
そうすると、
自分は・・・
この会社は・・・
と考えるのもやむをえません。
その上、
「賢く」、というよりも、
「要領良く」生きている人がいて、
どんな「手法」があるか
についての情報もあふれています。
本当は、
地道な努力によって得られることが
多いのですが、
馬鹿らしく思えてきます。
簡単に儲ける方法があるのに、
何で苦く、しんどいことをする
必要があるのだろう?
と。
そして、「要領良い」というよりも、
一種の「悪知恵」もあります。
自分が楽するために、
あるいは、
自分勝手を通すために、
「法律」を盾にして、
上司や会社を脅したり、
「心理学」を活用して
圧力をかけたり、
「病気」を利用して
厳しさから逃げたり、
する方法も入手できます。
こんな情報がたくさんあると、
真面目に努力を積み重ねることが
馬鹿らしいと考える人がいても
不思議ではありません。
苦労して頑張る意欲を削ぎ、
逃げる「言い訳」と「方法」も
簡単に手に入る時代です。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP