ビブラビ記事一覧

【「ワーク・ブレイクダウン」で計画作成】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
年初に、
個人の一年の目標を立てたり、
目標とまでは言わなくても、
こんなことしたい、
などと考える人は多いです。
年初は、
人によってはお正月ですし、
会社の年度の節目である
4月の人もいます。
いろんな人に聞いてみると、
その年初に立てた目標が
達成される確率は、
かなり低いようです。
仕事の計画は、
悪くても8割9割達成出来るのに、
個人の場合、達成率が低いのは
なぜでしょうか?


理由は、
欠けている三つのこと
にあります。
行動計画
進捗管理
プレッシャー
です。
仕事では、
達成するために何をするか?
を考えることを求められます。
そして、
それを上司などに報告し、
実行しているかチェックされます。
つまり、
目標やゴールを考えるだけでなく、
行動レベルの計画を考えなくては
ならないのです。
また、
仕事では定期的に、
達成率、進捗状況を
報告しなくてなりません。
遅れていると、
叱られます。
この、
進捗状況と向き合う仕組みが、
達成するには必要です。
そして、最後は、
プレッシャーです。
個人的な目標は、
どうしても実現したいものと、
出来たらいいなレベルのものと、
混ざっています。
最初は、
「どうしても」であっても、
意外に困難なことが分かると、
「出来たらいいな」に
「格下げ」することも自由です。
「行動計画」も、
作らなくても、
作ったけど実行しなくても、
誰かに管理されることもなければ、
批判されることもありません。
達成するプレッシャーが
低いのです。
個人的な目標や夢には、
憧れ的なものから、
絶対実現したいものまで、
幅広いと思います。
全てについて、
行動計画を立て、
進捗状況を管理し、
プレッシャーをかけるのを
お勧めするわけではありません。
しかし、
どうしても実現したいことだけは、
行動計画
進捗管理
プレッシャー
を意思してみると良いです。
これも「ワーク・ブレイクダウン」です。
年初であるこの時期、
どうしても実現したいことについては、
「実行」のために必要なこと、
「実行」してみませんか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP