ビブラビ記事一覧

【「同じこと」を言っていても・・・】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
伝えたいことがあるのに
伝わらない、
そんなことがありますよね?
何か依頼したり、
お願いしたり・・・。
特に、
注意したり、
叱ったりする時、
きちんと伝えるのは、
簡単ではありません。
それなのに、
自分以外の人が伝えると、
スッと伝わったりします。
「同じこと」を言っているのに、
どうしてでしょう?


「同じこと」は、
伝えようとしている
「内容」=「コンテンツ」
のことを指しています。
コミュニケーションには、
「コンテンツ」よりも、
「コンテクスト」=「文脈」が
大切だと言われています。
「文脈」というと、
論理的に、分かりやすく、
のような印象を持ちますが、
もっと意味は広いです。
一つの例として、逆に、
伝えられる立場にある時のことを
想像してみて下さい。
他の人から、
アドバイスされたり、
忠告されたり、
注意されたり
しているとします。
「コンテンツ」は同じだとしたら、、
誰から言われても、
素直に受け取りますか?
一番イメージしやすいのは、
思春期の
親や、学校の先生
からの言葉だと思います。
言っている「コンテンツ」には、
内心「もっともだ」と思っている
自分がいます。
そんな時、すぐに
「分かりました」
と言えましたか?
少なくとも、
私は言えませんでした。
言い方が高圧的、
今風に言えば、
上から目線
だから。
同じことを友達から言われると、
素直に聞けるのに、です。
つまり、
「伝わる」=「受け取る」のには、
「コンテンツ」よりも
影響力の大きい要素があるのです。
それが「コンテクスト」です。
「コンテクスト」には、
いろんな要素があります。
伝える側と受け取る側との関係
言葉自体の表現方法
会話全体の流れ
表情
口調
その場の状況や環境
受け取る側の心理状態
などが代表的です。
こんなことにまで
気を使わないといけないのか?
という声が聞こえてきそうです。
「伝える力」がある人は、
常に「コンテクスト」を
意識しています。
なぜでしょうか?
それは、
コミュニケーションにおいては、
「伝えた」ことよりも、
「伝わった」という結果の方が
大切だと知っているからです。
そして、
「伝わった」という結果のためには、
「コンテンツ」よりも、
「コンテクスト」の方が
大切なことを知っているからです。
大切なことを、きちんと伝えたい時、
「コンテクスト」を意識してみて下さい。
きっと、何か気づきがあります。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP