ビブラビ記事一覧

【「回想録」対処療法より根治治療】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
私が、中小企業を中心とした
コンサルティングを
しようと思った 「いきさつ」
コンサルティングをする上での
「こだわり」 には、
理由があります。
何回かに分けて、
その「いきさつ」や
「こだわり」の素になった
私自身の経験を、
「回想録」シリーズとして、
お伝えしています。
今回は、
対処療法より根治治療
です。


今までのブログでも書いてきましたが、
「継続」や「事前に面倒なことをする」
ことに、こだわりを持っています。
老子の言葉に、
魚を与えるのではなく
魚の釣り方を教えよ
という言葉があります。
会社の将来のために、
何が本当に必要なことか?
それは、
「地力」をつけること
だと考えています。
最近の流行りは、
簡単に
すぐに
です。
最近ブログにも書きましたが、
手法やスキルについて、
どんなものがあるのか
事前に情報を集め、
役に立つかどうか
検討し、
取り入れるには、
どんな方法があるのか
調べ、
計画を立てる
といった準備や段取り
を手を抜かずに行うことが、
効率を上げ、
成果を得やすくなります。
それでも、
インスタント食品のように、
すぐに出来上がるわけではありません。
機械のように入れたらすぐに、
便利になるわけではありません。
コンピュータのプログラムのように、
インストールすれば、
すぐに使えるように
なるわけでもありません。
もちろん、外部の専門家を入れて、
一気に対処することが必要な
ケースはあります。
これは、
治療で言えば、「対処療法」です。
老子の言うところの「魚を与える」です。
しかし、ほとんどの
「問題」「課題」は、
日常の仕事の中にあります。
社員を育て、
組織を育て、
それらに対処出来る
「地力」をつけることが
一番大切なことだと考えています。
これが治療で言えば
「根治治療」「体質改善」「健康増進」で、
老子の言うところの
「魚の釣り方を教える」です。
日常の仕事の中から、
「改善のネタ」「新しい種」を見つけ、
自ら考え、準備し、行動出来る
そんな「地力」を身につけた
「強い会社」を作る
中長期の取り組みを
支援する存在でありたい
と願っています。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP