ビブラビ記事一覧

【カレーライスを食べる楽しみ】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
私は、カレーライスが好きです。
もちろん、カレーライスは
好物なのですが、
もう一つ、
食べる「過程」が好きです。
カレーライスを食べる時、
特に初めてのお店で食べる時に、
密かな楽しみがあります。
変わり者?
確かに変わり者かもしれませんが、
知的シミュレーション・ゲームを
している気分になります。


新しいプロジェクトのように、
予想を立て、
実行しながら検証し、
修正を加えながら、
最後には、
望むゴールに到達するのです。
ゴールは、
最後まで美味しく食べる
です。
最後の方になって、
ご飯ばかり残り、
ルーが足りないのもダメ。
ルーだけが多く残り、
ほとんどルーを飲んでいる
状況になるのもダメ。
最後まで、
ご飯とルーがバランス良く
残っていることを目指して
食べるのです。
お店によって、
ご飯とルーの量のバランスは
違います。
お皿の形や深さ、
ご飯の盛り方、
ルーのかけ方によって、
見た印象も違います。
そこで、
これくらいの割合で食べれば、
最後まで美味しく食べられる
という仮説を立てて
食べ始めます。
少し食べると、
予測との違いが分かってきます。
お皿の深さと、
ルーの下に隠れたご飯の量が、
予測を狂わせます。
そこで、
ご飯とルーとのバランスを
修正します。
そして、
微調整しながら、
最後まで適当なバランスで
ご飯とルーが残っていると、
小さな達成感を感じます。
やはり、変わり者ですね(笑)
しかし、これは、プロジェクトなど、
多くの新しい取り組みと
共通している点が多くあります。
最初から全てが分かっていない
(情報は不足、先は不確実)
「仮説」を元に「計画」を立てる
「行動」を始める
「行動」を通して情報を収集する
情報を分析して、
「仮説」と「計画」を修正する
そして、
最後には、ゴールに到達する。
このプロセスが、
一番、現実的で実効性があるのです。
私は、
その不確実な中で、
試行錯誤しながら、
ゴールを目指すのが、
根っから好きなのです。
皆さんも、
ゴールに向かう「旅」を
楽しんでみませんか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP