ビブラビ記事一覧

【社員同士のもめ事の本当の原因】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
どんな職場でも、もめ事が起こることがあります。
その原因は何でしょうか?


職場は、いつも和気あいあいで明るい雰囲気であると良いのですが、現実には難しいです。
忙しさのため、ピリピリした雰囲気の時もあります。
それは、やむを得ないのですが、内部でもめ事が起こり、険悪な雰囲気のこともあります。
管理職にとって、もめ事は解決しなくてはならない問題です。
そこで最初に行われるのは、双方からのヒアリングです。
双方から言い分を聞きます。
双方の言い分は、それなりにもっともなもののことが多いです。
多少の誤解が原因に思われる部分もあるでしょう。
その場合は、相手の話を元に、誤解を解くように努めます。
そして、客観的に見ると、どちらかに非がある場合もあります。
その場合は、非がある方に注意や指導をすることになります。
とは言え、一方だけが原因のことは稀です。
もめ事が起こる場合、大小の差はあっても、両方に何らか原因があるものです。
今後もめ事を起こさないように、双方に指導することになります。
このプロセスは論理的で、合理的なものです。
多くの人が、適切な対処だと考えるでしょう。
しかし、もめ事の多くは、この方法では根本的な解決は出来ません。
そして、別のもめ事が起こります。
なぜでしょうか?
もめ事の本当の原因は、ヒアリングで聞くことが出来る、論理的で合理的なものではないからです。
本当の原因は感情的なものです。
同じ状況でも、相手によって、もめ事になったりならなかったりするはずです。
これが、もめ事の本当の原因が、感情、はっきり言うと、好き嫌いである証拠です。
もめ事を解決しようとして、ヒアリングする時、相手が気に入らないから、と誰が言うしょうか?
もっともらしい理由を言うはずです。
では、どうすれば良いのでしょうか?
上に書いた対処では、根本的には解決していないことを忘れないことです。
そして、もめ事になった人同士の関係に注意を払いながら、双方が仕事は仕事としてすべきことをするように監督し、問題が起こりそうなら、客観的に介入することです。
感情に配慮しながらも、業務の遂行に焦点を当てて、部下を管理することが大切です。
これが出来ているのも、現場力の強い管理職の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP