ビブラビ記事一覧

【会議は議論の場になっていますか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
会議は議論の場のはずです。
しかし、そうではないことが多くあります。


会議を主催する人に、
何のために会議を開くのですか?
と聞くと、多くの人が、議論をするため、と答えます。
正当な開催理由です。
そして、多くの会議では、あるテーマについて議論するために参加者に出席を要請しています。
これも真っ当なことです。
ところが、会議に参加している人のほとんどが、議論の場になっていると考えていません。
会議の実態を聞いていくと、議論の場になっていない会議がほとんどです。
実際には、主催者が伝えたいことを伝える場になっています。
いくつか私が見聞きした例を挙げます。
ある会社の営業会議では、目標が未達の部署や社員が叱責される場になっています。
主催者は、叱責しながら、すべきことを参加者に徹底させています。
また、未達の場合、どのような扱いを受けるかを知らしめることで、プレッシャーをかけています。
そこには議論はありません。
ある会社の企画会議では、参加者に意見を出すことを求めています。
もちろん、その場では議論がなされます。
しかし、そこで出た結論が採用されることはありません。
今までに出された方針などに疑問が出て、代案が出ても同じです。
最終的には主催者の誰かか、上席の管理職の考えが、決定事項として伝えられるだけです。
ここでの議論は、意味がありません。
実態は、上のような内容であっても、会議として開催されるものは多くあります。
そして参加者は、議論する場ではないと分かった上で参加します。
参加者の本心は、どうでしょう?
どうせ採用されないならば、意見など聞かないで欲しい。
伝えたいことがあれば、きちんと伝えれば良い。
議論しないのならば、会議のようなもっともらしい名前を付けて集めないで欲しい。
いずれにしても、参加者が業務で忙しい中、優先して時間を作る価値がないと考えています。
意見を聞くならば、出た意見をきちんと扱う
議論の余地がないならば、決定事項としてきちんと伝える
これが出来ているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP