ビブラビ記事一覧

【社員にきちんと説明していますか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
現場の社員の話を聞いていて、よく聞く経営者や管理職への不満があります。
それは、説明が不十分だという不満です。


経営者や管理職は、判断したり、指示する立場にいます。
言い方を変えると、意思決定する立場にあります。
そして現場の社員は、その決定に従う立場にいます。
つまり、上の決定に影響を受ける立場にあるのです。
経営者や管理職の決定の中には、現場の社員にとって納得のいかないものがあるものです。
それは、仕方がないことです。
会社や部署が置かれている状態など、意思決定に関係のある情報や判断基準の全てを、現場が知っていることはないからです。
しかし納得のいかない決定に従わなくてはならないのは、気分の良いものではありません。
不満を感じたり、経営者や管理職へ不信感を抱く社員もいます。
決めるのは上だからと、考えることを止め、ただ従うことにする社員もいます。
いずれにしても、社員を指示待ちにしたり、社員のやる気を削ぐことになります。
そこで経営者や管理職が出来る大切なことは、意思決定の理由をきちんと説明することです。
納得出来ない等と説明を求められた時は当然ですが、求められなくても説明することをお勧めします。
不満があっても、必ずしも説明を求めない社員が多いからです。
そして経営者や管理職から率先して説明するには、もう1つ良いことがあります。
説明しようとすると、意思決定を論理的に行わなくてはならなくなることです。
論理的に考えて下した決定ならば、論理的に説明出来るからです。
現在は、意思決定をする立場にある人は、関係者に対して説明することが求められています。
言い換えると、説明責任を果たすことが必要な時代です。
説明責任を果たすには、論理的に考え、論理的に説明出来る決定を下さなくてはならないのです。
これも経営者や管理職に必要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP