ビブラビ記事一覧

【質の高い議論のために事実と意見を分ける】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
質の高い議論をするために必要な要素がいくつかあります。
事実と意見とを分けることも、その1つです。


何か状況を知りたいと思い、質問することは誰にでもあります。
その答えは、どうでしょうか?
事実だけを答える人は、ほとんどいません。
多くの場合、その人の意見や判断、評価などが加わります。
多分、答えた本人も自覚していないことが多いです。
これは脳の癖のようなものです。
何かを見たり経験した時、見たことだけでなく、その時に考えたこと、感じたことと結びつけて記憶されます。
さらに、意識しているかどうかは分かりませんが、質問した人に同時に伝えたいことがあることも少なくありません。
例えば、何か問題が起きた時などに、自分に責任がないと思って欲しいため、事実以外のことを付け加えたりするケースです。
それ以外にも、そもそも質問されたということは、意見も求められていると思う人もいます。
いずれにしても、事実だけが答えられることは、ほとんどないようです。
しかし、議論は論理的に行わなくてはならない部分も少なくありません。
例えば現状把握や、原因究明の場面で、人それぞれ違う意見や判断や評価を事実とを一緒に扱ってしまうと収集がつきません。
では、質の高い議論をするために必要なのは、どんなことでしょうか?
・他人の発言内容を事実とそれ以外とに分けて受け取ること
・発言する時には、求められているのが事実なのか意見なのかに合わせて発言すること
この2つです。
議論のテーマやプロセスに合わせて、参加者全員が事実とそれ以外のものを分けて発言したり、受け取ったりすることが、質の高い議論には求められます。
そして、これが出来る社員が多いのも、現場力の高い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP