ビブラビ記事一覧

【経営者に必要な現場力】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
経営者にも経営者の現場があります。
経営者の現場力とは何でしょうか?


現場力は、役割を果たす力です。
経営者にも役割がありますので、必要な現場力があります。
ところで、経営者の役割とは何でしょうか?
大きく分けると2つです。
1つ目は決めることです。
経営者は日々多くのことを決めることを求められるものです。
社員から相談されることもあるでしょう、
社内の仕事の段取りを組んでいる経営者もいると思います。
取引先などから持ちかけられる提案もあるでしょう。
それだけでなく、忘れがちですが、もっと大きなことを決めるのも経営者の役割です。
どんな会社にするのか?
顧客にどんな価値を提供するのか?
価値をどのように生み出し、届けるのか?
全て会社全体の方向性に関係する決断です。
ミッションやビジョン、戦略などです。
決断は、高い質で行う必要があります。
質が高い決断とは、実行可能性と実現可能性の高い決断です。
そして決断に一貫性や、整合性も必要です。
このような決断をタイミング良く行えるのが、経営者に求められる現場力の1つです。
もう1つは、決めたことを実現する力です。
経営者は社員を雇い、事業を行います。
決めたことを実現するには社員を動かさなくてはなりません。
これが実行です。
社員を動かすために、何をしたら良いのか?
方法や手法に唯一の正解はありません。
さまざまな要因が絡み、実行可能性も、実現可能性も変わって来るからです。
ただし、ここで忘れてはいけないのは、会社を動かす、つまり社員を動かすのは、会社の目指すもののためだということです。
それが経営者の役割だからです。
経営者にも役割があります。
その役割を果たす力が、経営者に必要な現場力です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP