ビブラビ記事一覧

【管理職の経営者からの評価が低い一因】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
管理職に対する経営者の評価は、一般的にあまり高くありません。
その根底にあるのは、何でしょうか?


管理職は頑張っています。
部下の労務管理
仕事の振り分け
仕事の進捗管理
上司への報告やレポート
は当然です。
そして立場上、参加しなくてはならない会議も増えます。
その上、部下の担当業務が遅れていたら支援しなくてはなりません。
以前と違い、今は管理職自身も担当している業務もあります。
担当するのが初めてだったり、間がない部下に仕事を教えるのも、管理職の役割です。
部下のやる気を上げたり、落ち込んでいればフォローすることも必要です。
とにかく管理職は忙しいです。
しかし、ここまでにあげた業務は、部署の仕事の遂行と、そのための部下の管理です。
部下を使って、部署に与えられた業務を遂行するのが管理職の役割です。
はっきり言うと、最低限果たさなくてはならない役割です。
では、与えられた業務を回すだけで良いのでしょうか?
ここに、経営者の期待とのズレの原因があります。
経営者は現場に近い管理職に、業務の効率化などの改善に関わって欲しいと思っています。
現場で起こっている変化から、戦略や戦術の修正や判断の材料を経営者に伝えて欲しいと思っています。
現場と社員の状況をふまえた上で、中長期の視点で考え、経営者に提案して欲しいと思っています。
部署の仕事を遂行させるだけでも忙しい管理職には、酷かもしれません。
そんな様子が分かっているから、経営者もはっきりと伝えていないかもしれません。
頑張っているのに評価されていないと思っている管理職は、求められていることを経営者に確認すると良いです。
そして経営者も、期待している役割をきちんと伝えなければなりません。
経営者が管理職に期待している役割と、管理職が理解している自分の役割が一致しているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP