ビブラビ記事一覧

【職場の人間関係は複雑】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
職場の同僚は、業務を共に遂行する仲間です。
しかし、その人間関係は単純ではありません。


職場の人間関係は、業務の遂行にとって重要です。
お互いに助け合い、補い合うことが求められます。
良好な人間関係が、業務効率に影響を与えます。
ここで注意が必要なのは、職場にとっての良好な人間関係がどのようなものであるかの判断基準です。
多くの人は、友人関係のような仲の良さや、雰囲気の良さで判断するようです。
仲が良いことは好ましいのはもちろんですが、ここに落とし穴があります。
職場の仲間は社会人であり、大人です。
職場では大人の対応をします。
大人の対応とは、どんなことでしょうか?
空気を読む
争わない
相手を立てる
不愉快に思っても、顔に出さない
いたずらに雰囲気を壊すのは、大人げないと言えます。
しかし、全員が上記のような大人の対応をするとどうでしょう?
雰囲気は良いものの、それは作られたものです。
本心ではどうでしょうか?
良いと思わなくても大勢に意見を合わせる
嫌いな人とも感じ良く接する
尊敬出来ない人にも礼儀正しく接する
嫌なことをされても、笑顔で受け流す
こんなことをしていて、本当に協力し合える仲間と言えるのでしょうか?
職場の仲間全員が尊敬し合い、嫌いな人がいないというのは理想ですが、現実的ではありません。
だからと言って、嫌いな人に露骨に嫌な態度で接するのも大人げありません。
好き嫌いを仕事に持ち込むのは、社会人として問題があると言えます。
かと言って、過度に大人の対応をするのも問題があります。
では、どうあることが良いのでしょうか?
まずは、お互いに人として尊重する気持ちを持つこと。
そして、仲間を尊重しながら、意見を交換し、議論出来ること。
この2つが重要です。
表面的に仲が良いように見えても、それはお互いに気を遣い合う大人の対応の結果です。
それは本心ではない可能性もあるのです。
個人的な好き嫌いを超えて、お互いを尊重していること。
そのため、お互いに大人の気遣いをしながら、言うべきことは言える。
このような人間関係が築いているのも、現場力の強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP