ビブラビ記事一覧

【起業と事業継続とどちらが大変?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
ビジネスは、始まりがあり、継続していくものです。
ビジネスの起業と事業継続とでは、どちらが大変なのでしょうか?


起業と事業継続、どちらも同じくらい大変です。
ただ、その中身が違います。
起業する時、その準備の作業は煩雑です。
全ての作業を事業開始という期限に合わせてこなさなくてはなりません。
しかし創業前は、ビジネスを始めるというゴールが明確です。
大変ですが、苦労も苦にならないようです。
一方、事業継続は違います。
創業しばらくは、起業当初の目標に向けて邁進します。
エネルギーレベルも高いです。
問題は、その後です。
起業から一定期間を過ぎると、様子が変わります。
多くのビジネスは創業後しばらくは好調なものです。
そして、つい一息つきたくなります。
起業前から全力で走ってきたので、当然です。
ところが、その好調さがずっと続くことはありません。
社内外の変化によって、何かと課題が出て来るものです。
ビジネスを継続するのは、
下りのエスカレーターを登っているようなもの
と言われています。
足を止めると、ビジネスはうまくいかなくなっていきます。
業績が安定していても、気が抜けません。
その上、対処しなくてはならない課題は多岐にわたります。
起業と事業継続は、どちらも大変です。
起業は、しなくてはならないことが明確なので難易度は低いです。
一方事業の継続は、どんな課題がいつ発生するか分からず、常に試行錯誤です。
その点で、事業継続の方が難易度は高いです。
これは創業した会社の多くが5年以内に廃業していることからも分かります。
ビジネスは、始めるよりも続ける方が難しいのです。
事業継続に必要な対処が出来ることが、経営者の最も重要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP