ビブラビ記事一覧

【不明瞭な基準が社員の不満の原因の1つ】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社員が仕事上不満に感じている原因には多くのことがあります。
その中で多いのは、不明確な基準です。


例えば、10時からミーティングが行われるとします。
朝、出社した時に上司から、今日はいつもより少し早めに集まって欲しい、と言われたとします。
その時、部下はどのように考えるでしょうか?
考える時に参考にするのは、それまでの経験です。
いつも開始5分前には会場に着いている
以前、少し早めに集まって欲しいと言われた時、確認すると15分前に来るように言われた
このような経験があると、言われた社員は、15分前に行けば良いと考えます。
ところが、15分前に行くと、もう上司は会場に来ており、不機嫌そうに、遅いと言われたとします。
そう言われた社員は、どう思うでしょうか?
上司が怒るのは理不尽だと感じるはずです。
前は15分前で良かったから15分前に行ったのに、なぜ怒られるのか?
30分前に集まらないといけないなら、ちゃんと言えばいいのに!
そして不満に思います。
一方、上司の立場では、どうだったでしょう?
上司は30分前に集まって欲しいと思っていたとします。
朝から急な要件もあり、具体的に時間を指示しませんでした。
急な要件を急いで片付け、30分前に会場に行ったのに、部下は来ない。
以前は何分前に集まれば良いか確認してきたのに、今回は確認して来なかった。
具体的に指示しなかった自分も悪いが、確認しなかった部下も悪い。
このように考えながら待っているうちに、不機嫌になったかもしれません。
少し早めに、のような曖昧な指示や基準は、多くの職場にあふれています。
曖昧な表現であっても、全員が同じ認識や解釈をしているのならば問題はありません。
しかし多くの場合、その認識や解釈の違いが、ミスや誤解を生みます。
そして、社員同士、上司と部下との間で相手に対して不満を持つことにつながります。
早く、きれいに、などの表現でも、社員が共通した基準で理解していれば問題ありません。
そして、認識が共通していない基準については、明確に誤解のない表現で伝えることが重要です。
その使い分けが出来ているのも、強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP