ビブラビ記事一覧

【自分を活かせる仕事とは?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
誰しも自分を活かせる仕事をしたいと思うものです。
ところで、どんな仕事ならば自分を活かせるのでしょうか?


最近は、自分に合った仕事に就きたいと考えている人が多いようです。
私の世代なども考えていました。
しかし最近は、そのことをはっきりと主張するようになった点が違っています。
では、
自分に合った仕事
自分の良さを活かせる仕事
自分の才能を活かせる仕事
とは、どんな仕事なのでしょうか?
自分で考えた時に出て来るのは、
興味のある仕事
今まで勉強してきたことを活かせる仕事
などが中心になります。
端的に言うと、自分がしたい仕事です。
ところが、自分を活かせるかどうかを決めるのは適性です。
夢や希望や好みではありません。
適性があるかどうは、してみないと分かりません。
そして、実際にしてみると、適性があるかどうかは分かります。
少なくとも、業務に相応しいレベルにあるかどうかは、その分野で仕事をしている人が見れば分かります。
残念ながら、自分がしたい仕事への適性が必ずしも必要なレベルにあるかどうかは分かりません。
努力すれば必要なレベルに達する適性もあるでしょう。
しかし、努力だけでは通用するレベルに達しないこともあります。
残念ですが、これも現実です。
もちろん、したい仕事があるならば、最初から諦める必要はありません。
誰かから向いていないと判断されても気にする必要はありません。
しかし、自分の適性を歪めて認識してはいけません。
もちろん、向いていないけど、したい仕事をするのも1つの選択です。
問題なのは、したい仕事を向いている仕事だと思い込んでしまうことです。
自分の気持ちには正直でありつつも、適性の評価は第三者にしてもらい、選択していくことが大切なのです。
これもビジネスパーソンとして大切な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP