ビブラビ記事一覧

【会議参加者全員の合意は可能でしょうか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社員の時間を使ってする会議には目的があります。
会議のテーマはさまざまですが、目的の1つは全員の合意です。
ところで、参加者全員の合意は可能なのでしょうか?


和を以て貴しとなす。
日本の美徳の一つです。
実際、事を荒立てず、あやふやな所を残しながらでも、何となく合意しようとする人は多くいます。
ところがこのような合意は、複数の人が関係する仕事では、普段はバラバラにそれぞれの業務をしているので、後々トラブルを起こします。
まず受け入れなくてはならないことがあります。
全員が全く同じ意見であることはありません。
そして、いくら議論を重ねても全員が納得することもありません。
では、あいまいな合意のまま進んだら、どうなるでしょう?
仕事での合意事項は、その後の業務の中で具体的なものとなっていきます。
あいまいにしている部分が、トラブルの原因となり、社員の不満の元となります。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、全ての意見を机上に乗せ、参加者全員が、全ての意見を理解するプロセスを大切にするように勧めています。
そして結論にいたったら、全員が従うことを確認します。
会議で合意したことは、その後実行されるから価値があるのです。
全員が同じ意見であることはありません。
決まったことに、全員納得することもありません。
納得していない参加者には説得し、場合によっては決定に従うように指示します。
複数の人が関係することの合意は、こうして形成されていくものです。
全員が同じ意見でまとまったように感じたとしたら、何かを見逃しているのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP