ビブラビ記事一覧

【現場社員が持っている資格やスキルを生かしていますか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
最近は勉強熱心な人が多く、スキルや資格への関心が高い人が多くいます。
社員の中にも、資格を持っている人やスキルを学んだ人が多くいます。
社員が持っている資格やスキルは生かされているのでしょうか?


持っている資格やスキルを使うことに積極的な社員もいますし、生かすことに消極的な人もいます。
一見、積極的な社員は自信があり、消極的な社員は自信がなさそうに見えます。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、テーマによって必要なものは変わりますが、さまざまな資格の知識やスキルを使う機会があります。
参加者に必要な資格やスキルを持っている人がいる場合、生かすようにしています。
ここで注意していることがあります。
その知識やスキルのレベルを本人の申告通りに受け取らず、実践の中でレベルを確認することです。
資格を持っていれば、包括的にその分野の知識を持っている可能性が高いです。
資格によっては多少の実践経験もあるはずです。
スキルを学んでいれば、知識と演習などを通して使い方を知っているはずです。
しかし実践レベルであるとは限りません。
時間が経てば、覚えていたことも忘れますし、出来ていたことも出来なくなります。
実践経験を積んでいなければ、そもそも現場で使えるレベルでなかったかもしれません。
資格やスキルは、実践で使うことで磨かれます。
そして、しばらく使わないとさび付いてしまいます。
社員が持っている資格やスキルは、使う機会がなければレベルが上がることもないですし、時間と共にレベルが下がっていきます。
これはもったいないことです。
社員が持っている資格やスキルを使う機会を与えることが、社員の力を現場で生かす上で重要なことの一つなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP