ビブラビ記事一覧

集中することの功罪

黒板を見てじっくり考える男性

オフィス・ビブラビの長尾です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

集中することには良いことが多くあります。しかし、問題もあります。

新型コロナウイルスは、なかなか終息しません。最近も新たな変異種が出て来たことで、不安が増しています。

今回の変異種の特徴が分からない中、日本国内に入れないために、海外からの入国を止める措置が採られました。変異種が心配に当たらないかもしれません。しかし、その前のデルタ株のようなことが起こる方が問題なのです。分からないけれど、水際で止めるのは危機管理の観点で考えれば、悪い方法ではありません。

対策を考える時、担当部門の人は、新しい変異種を日本に持ち込ませないことに意識を集中させたと思います。そのためには、誰も日本に入国させないのが最善であると考え、入国を禁止しようとしました。航空会社への要請でしたが、表現はどうであっても実質的には命令です。

しかし、国内への影響を最優先に考え、新しい変異種を日本に入れないことに考えが集中したために、大きなことを見落としました。それは海外から日本に向かおうとしている人の中には日本人がいることです。感染拡大している国や地域から日本に帰ろうとしている人もいるでしょう。一切の入国拒否は、邦人保護の観点では問題のある方法だったのです。この問題点が指摘され、日本人の入国は許可されることになりました。

変異種を日本に持ち込ませないことも、邦人を保護することも重要なことです。このケースのように、重要なことが複数あることは少なくありません。そこで必要なのは、まず重要なことを全てリストアップすることです。その上で、優先順位を付けます。全ての重要なことを実現出来れば良いです。まずは、そのような方法がないか考えなくてはなりません。しかし、もしかしたら、最優先の一つを実現するために他は全て後回しにしなくてはならないこともあるでしょう。

今回のケースは、どうも邦人保護の観点が最初から抜け落ちていたように思います。もし、邦人保護よりも変異種を水際で止めることを優先すると判断した上の決定ならば、そのことも同時に説明したはずだからです。

このようなことは、ビジネスの意思決定でも起こります。何かに意識が集中するあまり、他の重要なことに気付かず、結果として無視してしまうことがあります。このような意思決定は良いものとは言えません。

どんなに重要なことに取り組んでいる時でも、どんなに思い入れがあることを実現しようとする時でも、どんなに緊急で重大な事態に対処する時でも同じです。関係ある重要なことを全て考慮に入れた上で判断しなくてはなりません。そして、その判断を行うのは経営者の役割です。

本当に経営者は大変です。だからこそ私は、頑張っている経営者にエールを送り続けたいと思っています。そして支援したいと思っています。応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP