ビブラビ記事一覧

【就活生と大人の事情】

現場力強化を支援している
オフィス・ビブラビです。
ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
就活についての
報道に注目しています。
今年から
就活のスケジュールが
変わったことで
企業、学生共に
混乱し、
迷走しているようです。
そんな中で
最近の日本経済新聞の
記事を読んで、
気になることががありました。
その記事の内容は、
来年の春に入社してくる
新入社員の育成を考える上の
ヒントが隠れているように
思えるのです。


今年の就活は
売り手市場と言われています。
大手企業の採用予定人数も
多くなっています。
学生優位なはずですが、
スケジュールが
後ろ倒しになり、
学生は焦りを
感じているようです。
そんな中で
話題になっているのが
オワハラです。
早々に内々定を出す代わりに
就職活動をやめるように
強要している会社が
あるようです。
学生にとって
悩ましいことです。
第一希望が大手企業の場合、
8月にならなければ
本格的な採用は
始まらないのです。
内々定は欲しいが
就活を止めたくもない。
紳士協定とは言え、
前倒しに内々定を
出しておいて
必ず入社するように
迫るのは
会社の勝手な
大人の事情です。
ところが、
このような
会社の動きの中で
入社誓約書を書くように
求められることも
あるようです。
日本経済新聞の記事によると
このことを学生が
大学に相談すると、
多くの大学で、
拘束力はないから
出しても問題ない
と指導しているようです。
大学という教育機関が
約束を反故にしても構わない
と指導するのも問題です。
これも、
学生の味方をしているに
見えるようで、
そうではありません。
本来は、
会社に対して
誓約書を求めないように
申し入れるのが
筋だと思います。
ただし、
そうすると、
その会社での
その大学の学生の採用に
マイナスになるのではないか、
内々定がもらえず
最終的に就職浪人となれば
大学の就職率が下がる、
などのことが
起こるかもしれません。
これも大人の事情です。
都合が悪ければ
ルールは守らなくて良い、
約束は書面で交わしても
自分の都合で
反故にしても構わない、
そんなことが、
当たり前なのが
社会だという印象を
持ってしまうのでは
ないでしょうか?
そんな経験をした
新入社員を
どのように育成しますか?
また、
悩みが増えそうです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP