ビブラビ記事一覧

【社員の行儀が「現場力」に影響を与えます】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
「現場力」を強化する
というと、
業務上の能力やスキルの向上や
モチベーションが頭に浮かびます。
ところが「現場力」は、
業務に直結したものだけで
計れるものではありません。
「現場力」は「成果」に
結び付いて初めて
価値を持つものです。
実は重要なのが、
行儀やマナーなどの「習慣」なのです。
ですので、
「習慣」も「現場力」の一部
なのです。


行儀やマナーは、
目に見える「形」として
扱われることが多いものです。
子供の頃は、
道理よりも「形」で
教えることが多いですが、
行儀やマナーの本質は、
自分以外の人への
「敬意」や「思いやり」の表現
なのです。
先日、他のところで、
喫茶店の中で、
お客様の悪口を言っていた
営業らしき人たちのことを
書きました。
それ以外にも、
電車の中など公衆の場での行動、
相手との関係に相応しい
言葉遣いや態度、
その全てが
「成果」に影響を与えます。
それがお客様の前でなくても、
社章を付けていたり、
IDカードを下げていたり、
社名の入った封筒や紙袋を
持っていたりすると、
会社自体への評判に影響します。
この行儀やマナーは、
普段の行動パターンが
つい出てしまうものです。
普段や社内ではいい加減だけど、
お客様の前では大丈夫、
という人がいますが、
人の目はごまかせません。
どこかでボロが出て、
相手に見透かされてしまうものです。
そして、一旦、
ボロが出てしまうと、
相手の信用は一気に低下します。
そして、
大切なことを任せる相手の
候補から除外されます。
特に社外の人が
わざわざ指摘してくれることは
ありません。
ただ、黙って、
この人には頼まない
と判断されるのです。
普段から行儀やマナーに
注意を払っているからこそ、
「習慣」として身につくのです。
もしかしたら、
期待通りの「成果」が出ない原因は
能力やスキルの問題ではなく、
行儀やマナーなどの「習慣」に
原因があるのかもしれません。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP