ビブラビ記事一覧

【変わらないことは良いこと?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
長い間、何も変えずにやってきた会社もあります。
変わらないのは良いことでしょうか?


時代が変われば、マーケットが求めていることも変わります。
同じような商品やサービスを提供していても、技術の進歩によって、新しい製造方法や仕組みも出来てきます。
このような環境の変化に合わせ、商品やサービス、業務の仕組みややり方を変えている会社もあります。
2つ共変えている会社もありし、どちらか1つだけ変えている会社もあります。
そして、何も変えていない会社もあります。
変える理由はさまざまです。
法律や規制の変更、取引先や関係業者からの要請で、変えなくてはならないものあります。
これは会社で自由になるものではありませんので、やむを得ないことです。
それ以外は、会社の意思です。
実際に何かを変えるには負担がかかります。
そしてリスクもあります。
商品やサービスを変えることで、今までのお客様が離れるかもしれませんし、変えた商品やサービスの売り上げが芳しくないかもしれません。
業務の仕組みを変えたことで、現場が混乱したり、商品やサービスの質が変わるかもしれません。
それだけ、何かを変えるのは大きなことです。
そこで、変えなくてはならないもの以外は、出来るだけ変えない会社があります。
業務はスムーズに遂行され、社内は落ち着いた状態です。
負担とリスクを考えると、変えないと決めるのも合理性があります。
しかし、ビジネス環境やマーケットは変化しています。
スピードは遅く、目に見える影響は出ていなくても、確実に変化しています。
そして、いつかは変化しなくてはならない時が来ます。
変化が遅れれば、会社の存続も危ういかもしれません。
いつ、何を、どのように変えれば良いかを正確に導き出すことは出来ません。
目についた変化に過剰に反応するのもお勧めしません。
今まで何も変えていない、あるいは、まだ変えようとしていないことは問題ではありません。
しかし、今ではないかもしれませんが、会社は変化しなくてはなりません。
そのために必要なのは、変化出来る状態を作り、維持することです。
変化の必要性の兆しに注意を払い、変化が必要と判断すれば、変化出来る組織であるように準備を整えていくことが重要です。
そして変えるべきと判断したら、リスクがあっても、リスクに対処しながら変えなくてはなりません。
これが出来ているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP