ビブラビ記事一覧

【管理職は職場のリーダー?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
一般的に管理職は職場のリーダーと考えられています。
それは本当でしょうか?


管理職は各部署のトップです。
そして、職場のリーダーであると考えられ、リーダーであることを求められているようです。
ところで、管理職の役割とは何でしょうか?
リーダーの役割は何なのでしょうか?
まず管理職ですが、その役割は文字通り、管理することです。
会社は多くの人が関りながら生産や販売などのビジネス活動をする組織です。
組織を統率し、動かすには、業務、労働、内部ルールの遵守などを管理する人が必要です。
これが管理職です。
次にリーダーです。
リーダーは純粋には、組織をけん引する人です。
ルールや指示や命令などを使うことなく、人をまとめ、導く人です。
このように管理職とリーダーとは担っている役割が違います。
役割が違えば、必要な資質や能力も違います。
管理職は部署のトップです。
管理者であると同時にリーダーであれば理想的であることには間違いありません。
そこで本来管理者である管理職にリーダーであることを求めることが多いようです。
一般論でもそうですし、実際の管理職の上司や部下から期待されているようです。
ところが、管理職の役割を果たすには十分な能力と資質を持っていても、リーダー・タイプではない人もいます。
このような管理職にとってはリーダーであることも求められるのは、負担に感じるものです。
また、現場では、管理職としてすべきことと、リーダーに求められることが矛盾することもあります。
管理職がリーダーの役割も果たすのは、現実にも難しいことです。
では、管理職はどうすれば良いのでしょうか?
私は管理職は、管理職としての役割を果たすことを最優先で考えれば良いと考えています。
リーダーとしての役割も果たせられると良いですが、両方が難しい場合は、管理職としての役割を果たすことを優先するのです。
リーダーに向いているタイプの部下がいれば、リーダー役は任せても良いです。
管理職の役割と、リーダーの役割をきちんと区別している
そのことを管理職だけでなく、部下も理解している
管理職は管理職の役割を果たすことを優先している
これが出来ているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP